Event is FINISHED

在宅医療の質向上プログラム

Description

急速に高齢化が進む日本とオーストラリアでは、近年、医薬品の適正使用の観点から在宅医療における薬剤師の積極的な参画が期待されています。

今回、オーストラリア外務貿易省が管轄する豪日交流基金のサポートを受けて、日豪両国の在宅医療における薬剤師活動の質向上をテーマとしたプログラムを開催します。

プログラムは、第1部(シンポジウム)、第2部(ワークショップ)と分かれています。

詳しくは案内ポスターをご覧下さい。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


案内ポスターはこちら→ポスター


【プログラム概要

1.日時および場所

 2017219日(日)第1部:10:00 ~ 13:00 (受付 9:30~)

              京都大学国際科学イノベーション棟5階シンポジウムホール

           第2部:14:00 ~ 17:30 (受付 13:30~) 

              京都大学医学部G棟2階セミナー室A

              ※第1部と第2部で会場が異なりますのでご注意下さい。

2.テーマ

 Home Healthcare: an innovative solution for aging populations

  第1部(シンポジウム) :在宅医療の質向上に向けた薬剤師の役割

  第2部(ワークショップ):訪問薬剤管理業務の質を可視化する


3.参加費および定員

 第1部(シンポジウム) /定員250名 2,000

 第2部(ワークショップ)/定員60名  :3,000円 弁当付

 懇親会               5,000円 飲食付


4.対象者

 在宅医療・介護従事者または本プログラムに関心のある方


5.申込締切

 2017213日(月)


6.問合せ

 kfuj2522@uni.sydney.edu.au (シドニー大学薬学部 博士課程後期 藤田健二)

Sun Feb 19, 2017
10:00 AM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
第1部(シンポジウム) SOLD OUT ¥2,000
第2部(ワークショップ) SOLD OUT ¥3,000
懇親会 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 Japan
Organizer
QI開発プロジェクト
42 Followers